もう遅すぎ?交通事故を弁護士に依頼するベストなタイミングとは

  • 交通事故
  • ,
  • 弁護士
  • ,
  • タイミング
  • 70

敷居の高い弁護士への依頼ですが、どのタイミングで行うのがベストなのでしょうか?

一般的には、治療終了直後が最善なようですが、状況により異なるようなのでさらに詳しくみていきましょう。

弁護士に相談するタイミングを悩むのはなぜ!?

どうして交通事故の被害者は、弁護士に相談するタイミングを悩む人が多いんですか!?
交通事故の被害者の多くは、これまで一度も弁護士に相談したことがありません。保険会社から示談金を提示されてはじめて相談に来られる方が大半です。
なるほど、必要に迫られてようやく弁護士相談に来る人が多いんですね。

交通事故の被害者で、弁護士に相談する必要性には気付いているが、なかなか相談に踏み出せない人は多いのではないだろうか。

弁護士事務所の敷居が高いと感じる被害者もいれば、弁護士に相談するタイミングが分からないという被害者もいるだろう。

無料相談に対応している弁護士事務所であれば、いつのタイミングで相談しても相談料はかからない。

無料相談を実施する弁護士が増加している現状を考えると、相談のタイミングを考える上で費用のことはあまり気にしなくても良さそうだ。

一方、弁護士に相談すると同時に交通事故の示談交渉を依頼しようと考えている被害者にとっては、相談するタイミングは重要な問題となる。タイミングによっては、その時点での依頼に適さないこともあるためだ。

(まとめ表)
無料相談 有料相談
相談のみ どのタイミングでも良い 適切なタイミングを選ぶ必要あり
相談+依頼 適切なタイミングを選ぶ必要あり 適切なタイミングを選ぶ必要あり

弁護士に相談する最善のタイミングはいつ!?

交通事故を弁護士に相談するタイミングとしてはいつが適切ですか?
一般的には、治療終了直後が最善のタイミングです。ただし、重傷事故の場合は事故直後に相談に来られるのをおすすめします。示談書締結後の相談は絶対に避けましょう。
手遅れになる前に弁護士さんに相談ですね。

交通事故を弁護士に相談するタイミングとしては、以下の例が考えられる。

・交通事故の直後
・治療継続中
・治療終了直後
・後遺障害認定後
・示談書の締結後

事故直後のタイミング

弁護士へ相談するだけであれば、交通事故の直後に相談することが望ましい。

事故直後のタイミングには、実況見分の実施治療費の支払い方法入通院の付添い費用等の問題が生じることが多い。この段階でも弁護士の法的アドバイスは有益だ。

ただし、物損事故や軽傷の人身事故では弁護士に依頼することが費用倒れになることもあるため、弁護士に依頼するタイミングとしては不向きな場合がある。

治療継続中のタイミング

治療継続中のタイミングでは、保険会社から一定期間が経過したことを理由に治療費の一括支払いが打ち切られてしまうことがある。このような場合にも、弁護士に相談する必要性は高まる。

治療終了直後のタイミング

治療終了直後は、一般的に最も相談に適したタイミングだ。なぜなら、その後は後遺障害の認定手続が控えているが、より有利な後遺障害等級を獲得するには弁護士のサポートが必要不可欠なためだ。

後遺障害認定後のタイミング

後遺障害認定後のタイミングで弁護士に相談することは、被害者にとって良い点と悪い点がある。

後遺障害の等級に不満がない場合には、弁護士が介入することにより保険会社から支払われる示談金が大幅に増額するため、相談に適したタイミングといえる。

一方、被害者が後遺障害等級に不満がある場合には、相談するタイミングとしては遅すぎる可能性がある。後遺障害の認定実務では、初回の認定手続が決定的に重要だからだ。

いったん出た認定結果に不服があっても、あとから異議申立て手続や裁判で覆すのは弁護士であっても極めて困難なのだ。

後遺障害の見込まれる事案では、後遺障害の申請前のタイミングで弁護士に相談するように注意しよう。

示談書締結後のタイミング

交通事故の示談書締結後に弁護士に相談するのは、最悪のタイミングといえる。いったん締結した示談書の効力を覆すことは、例外的な事情がない限りほぼ不可能だからだ。

示談の内容に不満があったとしても、原則としてその結果を覆すことはできない。交通事故の被害者としては、示談書にサインする前のタイミングで必ず弁護士に相談しよう。

(まとめ表)
弁護士相談のタイミングの評価
事故直後 重傷事故であれば、最善のタイミング
治療継続中 治療打ち切り問題があれば、良いタイミング
治療終了直後 一般的に最善のタイミング
後遺障害認定後 後遺障害等級に不服があれば悪いタイミング。不服なければ良いタイミング
示談書締結後 最悪のタイミング

弁護士費用特約があれば弁護士相談の最善のタイミングは事故直後!?

軽傷事故の場合は、治療終了後まで弁護士相談を待ったほうがいいんですか!?
弁護士費用特約がある場合は、軽傷事故であっても事故直後のタイミングで弁護士に相談するのがおすすめです。
費用倒れの心配がないからですね!

自分や家族が加入する自動車保険に「弁護士費用特約」がついていれば、弁護士に相談するタイミングとしては事故直後が一番望ましい。

なぜなら、弁護士費用特約がある限り、どんな小規模の交通事故を弁護士に依頼しても費用倒れになる可能性は低いからだ。

交通事故は、事故直後から示談成立に至るまでの一連の流れの中で常に法律問題や弁護士が介入すべき問題が生じる。

事故直後から弁護士が関与することにより、このような問題を被害者だけで抱え込むことなく、常に最善の対応ができることになるのだ。

弁護士へ相談するタイミングを悩んでいる被害者は、一度ご自身や家族の自動車保険の保険証券を探して弁護士費用特約の有無を確認してみるべきだ。

弁護士費用特約がある場合には、いますぐにでも弁護士に相談して示談交渉を依頼するのがおすすめだ。

(まとめ表)
弁護士費用特約あり 弁護士費用特約なし
弁護士相談のタイミング 事故直後が最善のタイミング 適切なタイミングを図る必要あり

弁護士無料相談のご案内

交通事故に関する無料相談は、こちらからもすることができます。24時間365日いつでも相談可能ですので、お気軽にご相談ください。

選べる3つの相談方法

交通事故のおすすめサービス紹介

PICK UP!おすすめの診断サービス

慰謝料計算機

かんたん1分!慰謝料計算機

開く

通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!あなたが保険会社から提示されている慰謝料は正しいですか?

慰謝料計算機

慰謝料計算機 通院期間などを入れるだけでかんたんに慰謝料の相場がわかる人気サービス!

慰謝料計算機はこちら

関連記事